1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/11/27(日) 15:48:27.63 ID:CAP_USER.net
2016年11月27日13時06分
[? 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
貧すればトンスル


世界が驚いている。世界11位の経済大国、透明社会を代弁するIT天国である韓国で起きた国政介入と国紀紊乱、憲政秩序破壊に開いた口を閉じられずにいる。だが世界は別の事実にさらに驚いている。国家元首の退陣を要求する革命的な波がガラス窓1枚壊すことなくこれほど平和的に進められるということに驚いている。国家的暴力性と市民的成熟さが不思議に共存する韓国社会を世界の人たちは驚きの目で眺めている。


検察が立証に99%の自信を持つという崔順実(チェ・スンシル)、安鍾範(アン・ジョンボム)。チョン・ホソンの3人の容疑内容だけ見ても朴槿恵(パク・クネ)政権は政府というより組織暴力集団と呼ぶのが似合う顔をしている。


企業家を脅し寄付金ではない寄付金を巻き上げ、自分たちに協力的でない公職者をさまざまな手段を使って追い出し、人事と不動産対策など国家機密が盛り込まれた情報を事前に国政と関連のない民間人に渡していた。


国民はその背後に大統領がいると疑っている。それでも支持率4%の大統領は退陣を拒否しており、大統領を庇護する政界の護衛武士は厚顔な詭弁で国民をさらに憤怒させている。


こうした非正常を正すために国民が広場に集まった。みぞれが降り体感温度が大きく下がった良くない天気にもかかわらず、ソウル・光化門(クァンファムン)広場と全国津々浦々を明るく照らしたろうそくの火は消えなかった。


「風が吹けばろうそくの火も消える」というある与党議員の「妄言」をあざ笑うかのように、土曜日のろうそく集会は5週目を迎えた26日にソウルの150万人を含め全国で190万人(主宰側推定)の市民が集まってろうそくを手にした。過去最大規模のろうそく集会だ。


今回のろうそくの火はこれまでのろうそくの火とも違う。紙コップに差し込まれたろうそくの姿は似ていたが、その紙コップの中には過去のように憤怒だけが込められたのではない。希望もともに込められた。


大韓民国をもてあそんだ主犯とその加担者を懲らしめるのにとどまらず、そうした憤怒の力を、主権を盗んで行った彼らが決して取り付くことはできない土壌の新しい社会を建設する動力にしようとする市民の意志だ。


その証拠は集会現場のあちこちで見られた。一部の過激行動の兆しに自制を要求する叫び声と、バリケードを築いた警察のバスに張られた花柄のステッカー、デモ後に機動警察の手間を減らそうとステッカーを剥がす手助け、あちこちで鉄パイプの代わりにマイクを手にして自分が夢見る社会を語る演説と討論の熱気がそれだ。


世界が驚いたのもそのためだ。暴力として表出される憤怒は単発の性質にとどまるだけだ。だが節制され、時にユーモアにまで昇華される憤怒は力を蓄積できる上に、望む時間に望む方向に凝縮されたエネルギーを注ぎ込むことができるのでさらに強力だ。この滔々とした波をただの集会やデモとして片付けるのは正当でない。それは時代の転換を知らせる名誉な市民の「ろうそく革命」とされるのが当然だ。


英国の名誉革命と米国革命で新たな政治体制が作られ、フランス革命で自然法と人権が普遍的価値として受容されたとするならば、いま韓国のろうそく革命はこの地に真の市民社会が到来したことを告げる祝砲といえるだろう。


ろうそく革命のエネルギーは一民間人により公的システムが壊され、牽制を受けない大統領1人により国政の全てを思うままにする故障したシステムを修理するエネルギーに転換されなければならない。


階層・地位・性別に関係なく、だれでも努力しただけ保障を受けられ、成就しようと思う人に機会が与えられる公正な社会に転換されるための呼び水として使われなければならないだろう。


ろうそく革命のエネルギーが韓国社会が一段階アップグレードされ先進化する動力として昇華される時、ろうそくの火は消えず永遠に国民の胸の中で燃え上がるだろう。すでに「最悪の大統領」は過去になり、「最高の国民」たちが新しい未来を開いている。(中央SUNDAY第507号)



続きを読む