例えば、げん玉経由で楽天ショップで3,000円の加湿器を購入したら・・・ げん玉で300ポイントGET! さらに楽天でも30ポイントGET♪ げん玉と楽天ポイントがW【ダブル】で貯まってとってもお得♪ 他にもYahoo!ショッピング、ベルメゾンなど有名ショップが多数掲載! げん玉で Lst's ショッピング♪ ↓↓ココから登録すると250ポイントもらえるよ!!


導かれしレスたち

支那とチョン、韓国と在日コリアンをメインにマスメディアが隠蔽するニュースを不定期更新でお伝え。

ヘル朝鮮

Powered By 画RSS

【韓国】日本死ね!より悲惨な韓国の“ヘル朝鮮”とは… 韓国の若者世代の貧困と格差は日本の比ではない

1 名前:もろ禿HINE! ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/23(月) 18:06:53.58 ID:CAP_USER.net
ヘル朝鮮

日本死ね!より悲惨な韓国の“ヘル朝鮮”とは… (週プレNEWS) - Yahoo!ニュース


何かと比較されることが多い韓国と日本だが、韓国が日本の先を行っていることがある。それは「貧困と格差」だ。


例えば、日本では20代シングルマザーの80%が年収114万円未満の貧困状態にあるという。


貧困は子供たちにも及び、自治体が学用品代などを補助する「就学援助制度」の対象となっている小中学生は15.6%に達する。実に日本の子供の6人にひとりが深刻な生活難に直面している計算だ。


また、この春、保育園の抽選にもれた若い母親が、ブログで「日本死ね!」と怒り、世間の耳目を集めた。


雇用の不足、低賃金、学費や年金保険料の重苦、家族共助の縮小など様々な社会要因が若者世代を貧困へと追い詰めているのだ。


だが、そんな日本も韓国に比べれば、まだマシかもしれない。韓国の若者世代の貧困と格差は日本の比ではない。一歩も二歩も先をいっている。


そんな韓国の惨状を象徴するのが「ヘル朝鮮」という言葉だ。韓国の全国紙『京郷(キャンハン)新聞』社会部の李ヘリ記者が説明する。


「『地獄(ヘル)』と『朝鮮(チョソン)』を合わせた造語で、貧困と格差が広がり、少しでもよい就職口を確保するために熾烈な競争をしなければならない韓国の惨状を風刺したものです。12年頃から一部のブログなどに登場していましたが、昨年、あるTV番組が『若い人にとって、今の韓国はまさにヘル朝鮮』と報道したことをきっかけに、一気に人々の間に広まりました」


韓国の15歳から29歳の完全失業率は今春、12.5%を記録した。統計庁が調査を始めた99年以来、最悪の数字である。ソウル市の中堅私立大学関係者がこうため息をつく。


「うちの大学でも多くの卒業生が就職できずに困っています。“韓国の東大”と称されるソウル大学ですら、昨年の就職率は希望者の71%止まりなんですから(日本の全大学における就職率は15年度で約96%)。


今春、ソウル市が年収200万円で清掃員を募集したのですが、ソウル大、コリョ大、ヨンセ大など、韓国のエリート大学卒業生の応募が殺到し、採用担当者を驚かせました。人気のない下級行政職にエリートが競って応募しなくてはならないほど、今の就職難は深刻というわけです」


「日本死ね!」と「ヘル朝鮮」ーーふたつの言葉の響きはよく似ている。ともに社会への強い不満、そして未来への大きな不安が読み取れる。だが、その病勢は違う。「日本死ね!」がより重篤化したものが「ヘル朝鮮」なのだ。


こうした惨状は、雇用規制緩和やグローバル化などで競争社会化を深めている日本にとって人ごとではないはず。韓国の若者の間では、スペックを少しでも上げるため、軍務経験を求め志願者が殺到するなど“入隊浪人”問題まで発生。また採用に有利となるよう整形願望もますます高まっているというが…。


月曜発売の『週刊プレイボーイ』23号では、そんな就職難と過酷な競争に追い込まれ、「ヘル朝鮮」を叫ぶ韓国の若者たちの実態に現地ルポで迫っているので、是非そちらもお読みいただきたい。

続きを読む
Powered By 画RSS

「韓国に戻ってきて」韓国観光公社、日本人誘致のため交流フェスティバル開催=韓国ネット「詐欺があふれる韓国に疲れた?」「親日国だから安心して」

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/02/22(月)15:14:35 ID:V90
ヘル朝鮮

2016年2月22日、


韓国・東亜日報によると、


韓国観光公社は減少する訪韓日本人観光客を呼び戻すため、


17~18日に東京で「2016日韓観光交流フェスティバル」を開催した。 (略)


これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。


(略)


「東日本大震災後、日本人の間では断捨離が流行している。だから消費も伸びない。誘致活動をしたところで何も変わらないよ」


「中国人観光客も米国人観光客も日本に奪われた。みんな、詐欺があふれる韓国に疲れたのだろう」


「韓国人でも国内旅行より安心して買い物や観光ができる日本を選ぶ」


「韓国は親日国。日本人は安心して韓国に来てほしい」(翻訳・編集/堂本)


全文 Record China

関連
【聯合ニュース】日本人旅行客をつかめ 韓国観光公社が東京で誘致活動 [H28/2/21]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456060680/l50

続きを読む
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
タグ絞り込み検索
記事検索

海外ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村

日本ではなかなか報道されない韓国、中国の実態をいち早くお知らせ。

多くの人に知ってもらうために一日1クリックしていただけると幸いです。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

管理人絶賛!
日本を蝕む在日特権に踏み込んだ一冊
将来に不安を感じる、人間関係のストレスに耐えられない
年金と日本国の行く末が心配な貴方は是非購入をご検討下さい!

在日特権と犯罪




くたばれパヨク




韓国に嫁いだ女(字幕版)




絶望の韓国,悲劇の朴槿惠(月刊Hanadaセレクション)




日本人はなぜこんなにも韓国人に甘いのか 日本は韓国にふりまわされてばかり




本当は怖ろしい韓国の歴史




この1冊で韓国問題丸わかり!―――なぜこの国は平気でウソをつくのか【歴史通増刊】




野党共闘(泣)。 - 学習しない民進党に待ち受ける真っ暗な未来 - (ワニブックスPLUS新書)




日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰化して驚いた フォロワー18万人のツイッターで大反響のリベラル批判




有田芳生の研究




余命三年時事日記 外患誘致罪




余命三年時事日記




余命三年時事日記2




余命三年時事日記ハンドブック




在日特権と犯罪




僕たちのヒーローはみんな在日だった (講談社 α文庫)




「親日の在日」として




民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党 - (ワニブックスPLUS新書)




蓮舫の守護霊霊言 ~“民進党イメージ・キャラクター"の正体~




大嫌韓日記




超嫌韓論 (SEIRINDO BOOKS)




在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です ! (SEIRINDO BOOKS)




日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党




反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014)




SEALDsの真実




韓民族こそ歴史の加害者である




「在日特権」の虚構 増補版: ネット空間が生み出したヘイト・スピーチ




韓国の大誤算




さよならパヨク




↓地球最高の朝鮮民族の夢、民族統一!大韓民国最強のテコンドー使いが劣等民族チョッパリに立ち向かう愛と感動のサクセス・ストーリー!

テコンダー朴




テコンダー朴2




劣化左翼と共産党 SEALDsに教えたい戦前戦後史




「反日韓国」の苦悩




韓国はどこへ?




なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争




韓国には言うべきことをキッチリ言おう! - いわれなき対日非難「サクサク反論」ガイド - (ワニブックスPLUS新書)




悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国




未来世紀ジパング 近くて遠い国、中国・韓国の真の顔




中国・韓国との新・歴史戦に勝つ!




「中国の尻馬」にしがみつく韓国




中韓に食い物にされるニッポン 在日特権、偽装難民を許すな!




歴史通増刊 やっぱりこの国はホントにおかしい (この1冊で韓国問題丸わかり! Part.2)




韓国経済阿鼻叫喚~2016年の衝撃~




マンガ大嫌韓流 (晋遊舎ムック)




中国・韓国の歴史認識 大嘘の起源 (別冊宝島 2365)




大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)




↓民主党議員有田芳生スターリン参院議員と朝鮮ヒトモドキのしばき隊が超オススメ!

amazon2位を記録した安心の一冊!

日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)




日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)2




日本が好きでなぜ悪い! - 拝啓、『日之丸街宣女子』から思いを込めて - (ワニブックスPLUS新書)




世界はこれほど日本が好き――No.1親日国・ポーランドが教えてくれた「美しい日本人」




学校が教えてくれない戦争の真実 ─日本は本当に「悪い国」だったのか (もっと日本が好きになる親子で読む近現代史シリーズ)