1 名前:影の大門軍団φ ★[] 投稿日:2012/02/05(日) 10:32:55.74 ID:???0
00689あれだけ騒いだ“震災婚”ブームはなんだったのか。厚労省(2012年1月1日付)の人口動態統計で、11年の婚姻件数が、前年比4.3%減の67万件の見通しになることが分かった。

1970年代前半に約100万件だった婚姻件数は、年々減少を続けている。
これまでの最低は87年の69万6000件。今回、戦後最低になるという。

震災によって結婚が増えているというのは、大ウソだった。


結局、婚姻件数が増加しなかったワケとして注目されているのが、暦の問題である。というのも、一般的に結婚式が行われる土・日・祝日で仏滅でない日が少なかったのだ。

2010年が106日あったのに対し、11年は95日。ちなみに12年も95日に減っている。ますます条件は悪くなっている。

なにより、若者の貧困化が進んでいるのが大きい。若者の就職難が続き、働き口も満足に得られない状況だ。

今春卒業予定の大学生の就職内定率(11年10月1日時点)は59.9%。調査開始以来、2番目の低さ。


国税庁によれば、10年の20代前半(20~24歳)の平均年収は254万円、20代後半(25~29歳)は336万円だった。
これじゃ結婚しない、結婚できない人が増えるのも当然だ。
http://news.infoseek.co.jp/article/05gendainet000163696

【話題】 若者の「結婚離れ」・・・2011年婚姻数、戦後最低★6
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1328400329/

続きを読む