1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2016/01/21(木)10:55:21 ID:EUs
日本の女

 キーワードでニュースを読み解く「every.キーワード」。


20日は「若者の恋愛離れ」をテーマに日本テレビ・小栗泉解説委員が解説する。


■「交際相手が欲しい」新成人が減少


 結婚情報サービス会社「楽天オーネット」が今年の新成人を対象に行った調査で、若者の恋愛離れを示すデータが発表されている。


 過去と比べたときに最も変化が大きかった質問の一つが「交際相手が欲しい」。


「交際相手が欲しい」と答えた新成人は、2000年には男性91.6%、女性88.5%だった。


ところが今年は男性が63.8%、女性が64.2%と、全体の3分の2を割り込んでいる。


 実際に交際相手がいる人は1996年には男女ともに50.0%だったが、今年は26.2%と半分にまで落ち込んでいる。


 さらに、去年内閣府が発表した2014年度の調査で、20~30代で未婚・恋人のいない人に「恋人が欲しくない理由」を聞いたところ、多かったのは


1.恋愛が面倒…46.2%


2.自分の趣味に力を入れたい…45.1%


3.仕事や勉強に力を入れたい…32.9%


■「バーチャル化」で成熟に遅れ?


 多くの人がこう考えるようになった背景には様々な理由が考えられる。


教育評論家の尾木直樹さんによると、「LINEなどSNS(=ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及で全てがバーチャルになってしまい、若者の精神的な成熟だけでなく、身体的、性的な成熟も遅れている」という。


 情報セキュリティー会社「デジタルアーツ」が去年実施した調査では、女子高校生の一日あたりの携帯電話やスマホの使用時間は平均5.5時間。


そのうち6.8%は1日15時間以上スマホなどを使用しているという。


起きている時間のほとんどを使っているということになる。


 尾木さんによれば、SNSで常につながっていることで行動が丸見えになってしまい、お互いの行動をしばるなど友達が信頼できなくなってしまうそうだ。


そんな中、最後に信頼できるのは自分の親ということで、親との距離が縮まり、若者の自立が遅れているという。


続き Yahoo!ニュース/日本テレビ系(NNN) 1月20日(水)23時26分配信

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 35◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452776325/415

続きを読む